最後のお別れである葬式はとても大切です

近年は核家族化や少子高齢化という社会の変化もあり、お葬式に対する人々の考えも徐々に変化しつつあります。従来は人が亡くなったら親類縁者からご近所さんまで、多くの人が家に集まり大々的にお葬式を開くことは当たり前でした。また、どこの家も菩提寺を持つことが一般的であったため、葬儀の際には菩提寺の僧侶にお願いするという自然な流れもありました。しかし、近年ではどこかの寺院の檀家となる家は減少しているため、お葬式の際には葬儀社に僧侶の手配を頼むことが一般化しつつあります。それと同時にお葬式に対しての概念も薄れており、大々的なお葬式は必要ない、中にはお葬式自体が不要と考える人が増えていることも否定できません。しかし、古くから行われているお葬式は私たちにとって必要な儀式なのです。

お葬式にはそれぞれの意味があります

なぜお葬式が私たちに必要なのかというと、実はしっかりとした意味のある儀式だからです。日本では8割以上が仏教式で行われますが、仏教の場合は人が亡くなったら極楽浄土を目指す死出の旅に出ると考えられているため、葬儀はこの世からあの世へ送り出す宗教儀式として行われます。ちなみに神道の場合は亡くなった人は家の守り神になるので、そうなるべき儀式を、キリスト教の場合は天国へ旅立つ儀式ということになります。また、告別式は全ての人が故人に最後の別れをするための式です。仏教式では焼香、神道では玉串奉奠、キリスト教では献花を告別式では参列者一人一人が行いますが、これは一人一人が故人とのお別れをするための儀式として行われます。このように私たちが何気なく参列しているお葬式には意味があるのです。

お葬式をしないことの意味を理解しましょう

葬儀・告別式の前日の夜には通夜が行われますが、実際の式の内容は葬儀・告別式と類似しています。僧侶の読経に個々が焼香するという流れです。そのため、通夜を省略して1日葬という形で葬儀・告別式だけを行う形態が近年では人気となっています。しかし、通夜には故人と最後の夜を親しい人たちが偲び過ごすという大事な意味があり、そのために夜に行われるのです。家族の在り方の変化と共に、従来のように大々的を行わず、お葬式の簡素が進んでいます。しかし、生活環境に合わせて規模を小さくすることは適切であるとしても、お葬式自体を行わないというのは、故人を現世からあの世へと送り出す大事な儀式や、この世の人々との最後のお別れの機会をも失うという意味にあたることを忘れてはいけません。